今更ですがはじめまして

猫カフェで勤務して約1年
保護猫カフェ Cat Spaceをオープンして2ヶ月とちょっと
こうゆうお仕事を始めて最近変化したこと
それは、、

カリカリの匂いでお腹がすくようになりました (*ノωノ) いい匂い~

残念ながらまだ食べてはいませんが、そのうち食べる日も来るんかね、、、
アゴもつかな、、、
と心配で胸が高鳴っているオーナーです( ˘ω˘)

てまりのカリカリタイム

今回は誰が興味あんねんシリーズ

”オーナーはなぜ保護猫カフェを始めたのか”
です

答えは簡単ただ一つ
猫が好きだからです。

って言ったらまとめすぎですが、、

私が猫を飼いだしたのは高校生の時でした。

兄が野良猫を保護してきて、
「あかーーーーーーん ((`△´#))!!」
ってキレる母の反対をサラッと無視して飼い始めたのがはじまりでした。

正直今までそんなに動物に興味はなくむしろ苦手なタイプやったんですが、
猫を飼い始めてからめちゃめちゃ猫ちゃんの魅力にはまり込みました。
そこから私の人生はだいぶ変わったな~って思っています。しみじみ
急いで学校から帰って、猫と遊んで、寝て、おやつをあげて、写真を撮りまくって、フォルダが猫だらけになって、、、
50回ぐらい呼んだらしぶしぶお返事して降りてきてくれる実家の猫ちゃんにめろめろめろんでした(∩*´﹏`*∩)💕

来た当初の実家のにゃんこ

猫を好きになると、猫のことがもっと知りたくなり、
猫関係の情報にもアンテナが張られるようになりました。
猫が見せてくれるしぐさの意味、病気のサイン、食べちゃいけないもの、体にいいフードなどなど、、
まだまだ知らないこともいっぱいありますが、
好きなことについてもっと知りたいという思いでいろいろなものをみていました。

それと同時に目にしたのが動物愛護関連のニュース
お外で暮らす猫ちゃんにおかれる過酷な環境(虐待や交通事故、天敵)、飼い主によって捨てられる猫、殺処分、悪徳ブリーダーによってお金儲けのためだけに利用される動物達など、、

家で人間からの愛情をたくさん受けて暮らす子がいる反面、
人間によって残酷な扱いを受けている子たちがいることがとにかくショックでした。

だからと言って私に何ができるねん
って話で、
高校卒業後はすぐに就職したい!と思って入った高専
5年間、高専で電子工学の勉強をして、
パナの技術職として就職できて、
周りの環境にも恵まれて、毎日ありがたい生活を送らせてもらっていました。

ああ、、
辞めずに仕事続けとけばよかった、、、
って思うことは正直ないんですが
(そんな中途半端な気持ちで辞めてはいないという意味で.笑)
全部自分で考えて、全部自分の責任で今のお店をやって
さぼればその分すべて自分に返ってくる
この状況を考えたら会社員として働かせてもらっていた時は
ほんとにありがたい生活やったなって思います。
大変お世話になりました

20歳から働き始めて、大阪に住んで、
会社だけの繋がりでは物足りないと感じいろんなところに出るようになって、、
自分と年が近いのに起業していたり、
起業のために勉強していたりする人に出会い
それでもまだ、ただただすごい人もいるんだな~と他人事ぐらいに思っていました。

おぼろげに保護猫カフェができたらな~っと考えてはいたんですが、
実家で2匹猫を飼っているだけのただの猫好きな私
猫に囲まれた仕事になったらむしろストレスになったり、嫌いになったりするんかな、、
そもそも自営業って何したらいいんかわからんし、、

そんな中、知人の知り合いが猫カフェを経営されていて、
働かせてもらえることになり悩みもすぐに消えました(単純笑)
猫に囲まれても苦じゃなく、むしろ猫ちゃんたちの発見が増える楽しい日々で
更に私がやりたい保護猫カフェだと、この子たちの家族を探してあげることができる。

猫ちゃんにとって家族が見つかって愛情を注いでもらえることは幸せなことだし、
里親になる方にも、私が体験した猫と暮らす幸せを体感してもらえる。

猫を飼うことはできなくても、
お店で猫ちゃんたちと触れ合うことで癒されたり、
猫との暮らしを体感したり想像できたり、
なにより楽しみつつ保護活動に協力ができる。

そんな理想を抱きながら出来上がった保護猫カフェ Cat Space
オープンから2ヶ月経ち里親さんが決まって卒業していった猫ちゃんたちは5匹。

戻ってきた子もいますが、みんなそれぞれ、
里親様のもとで慣れるのを頑張って幸せそうに暮らしています。

これからもたくさんの卒業生を出したり、
猫ちゃんたちと触れ合う中で保護活動の意義を知る場を提供したりと、
かわいい猫ちゃんたちがより幸せに暮らし、より保護活動自体にも協力できるお店になるよう頑張っていきます(*´ω`*)

また、
このお店を一緒に応援したい!
お店にはあんまり行けないけれど保護活動の力になりたい!
猫ちゃん達との触れ合いを楽しみながら保護活動の手助けをしたい!
推し猫ちゃんのために何かしたい!
という方に向けて「ねこ部」という制度もございます。

少しでも気になった方、応援したいなと思った方がいらっしゃいましたら
下記ページも見ていただけると嬉しいです!

と、かなり長い文になりましたが、
ここまでたどり着いた方ははたしていらっしゃるのか、、、笑笑
最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました(*^^*)
梅雨ももうすぐあけて太陽の出番がやってきます。
皆様体調を崩されないよう、お気を付けてお過ごしください(*’ω’*)

ジャックに付き合ってもらった写真笑
報酬のちゅーるが後ろに、、、笑

Follow me!